ものとこころをやさしく包む和奏のふくさたち

ふくさの原点にあるものは「思いやりを大事にする心」。
和奏は大切なものを思う「心づかい」をかたちにした新しい袱紗を提案しています。
つつむ、むすぶ、たたむ、…使う人の所作をひきたたせる佇まい。
その所作によって、持ち主の気持ちを整える力。
長く使いつづけることができる秀でた素材と、Made in Japanの丁寧な縫製。
ふくさは主役をひき立てる名脇役です。
人生の節目となる場面で、
古き良き日本人の美意識が、現代においてもキラリと光りつづけるように。