初秋の結婚式シーズンの引出物に、ふくさを。

2016.08.17|ブランドマネージャーのブログ

最近は季節問わず、ですが、やはり9月以降はしばらくブライダルのシーズンのようです。
他にはない、唯一無二の引出物。
そして、みんなが使って嬉しくなるもの。
自分たちからの感謝を伝えられるもの。

色んな想いがあります。

滋賀でお仕事をされている方からのご相談で
出身は違うけれど、滋賀で仕事をしているうちに
滋賀のモノの良さを知った。そして、それを伝えると同時に
滋賀で出逢った人に贈りたい。感謝とこれからよろしくの意味をこめて。

というご相談。

地方の方は特に「自分の生まれた地のものを引出物に使えたら嬉しい」と
思われています。
引出物にふさわしい地のもの…。

和奏のふくさは滋賀県の「長浜ちりめん」という
国内でも最高級の絹を使っています。

たんもの

素材は本当に滑らか。うっとりです。

top_slide_袷ふくさ

特に女性はこの「ゆうひ」という色のふくさに一目ぼれされます。
なので、こちらを贈られる方が多いです。
名入れも可能。ひとつひとつ、丁寧に名入れいたします。

3_000000000216

化粧箱入り。(ご希望であれば、木箱も承ります。)

のし包装もご相談ください。